こんばんは。
今回はナンパ中に起きたハプニングと即の記事です。

ナンパをしているとおそらくどんなに気をつけてやっていてもトラブルが起こることがあります。
自分もあまりトラブルは起きない方ですが いい機会なのでブログに書くことにしました。

大事なことは
・トラブルを怖れ、ナンパに対し気弱になってしまわないこと
・トラブルを大きくしてしまわないようにすることです。

夕方頃に、声かけをしていつも通りの流れで連れ出していたときのことでした。
チラチラとサラリーマン風の男がこちらを見てきていました。
めんどくさい流れを予知したので
場所を移動しようと打診したときです。
おもむろに男が体当たりしてきました。
そして吐いた言葉が
「お前はばかか?」

ぶつかられた時点で状況が理解できていたので、 無視して立ち去ろうとすると腕を掴みかかってきました。
そして、「警察呼ぶぞ」と。
ここで女の子は早足でどこか逃げてしまったので、
とりあえずこのチンピラリーマンを対処することにしました。
「呼びたければ呼べ」こう言って 2~3秒相手の目を見続けました。

すると、どこかに歩き去りました。
ナンパ中に、男に絡まれるというのは、
単純に気に食わないからという動機から来るものです。
それ以上でもそれ以下でもないです。
いい人ほど「なんで絡んでくるんだ、自分に原因があるんじゃないか」と考えちゃいますが、
それは相手の思うツボです。

日本でもベストセラーになったアドラー心理学の嫌われる勇気にも、
そんな内容が書いてあります。確か、部下を注意するときに
感情的になる上司とならない上司がいる、という話のところです。
わざわざナンパのために読まなくてはいいですが、
理解が浸透しやすいかと思い、挙げておきます。

ロスはどうしても出てしまう、と割り切り別の街に移動。
実際、トラブルが起きやすい街と起きにくい待街があるなーと思いながら移動したね。
一連れ目のこ 20-01-30-02-20-56-248_deco

食事を済ませ気持ちを切り替え、ターゲットを探す。
わりとすぐ反応の良いこにあたる。 連れ出し。
最近イケメンの彼氏ができたとのこと。
難しいかなーという気がした。
でも、魔法のキーワードがここで出る。
「絶対ヤらないよ?」
こっちから何も言ってないのに自分からこういう発言をする子はほぼほぼ即れる。

自分のなかで即判定ができたので、
個室へ向かい、打診をする。
が、意外にも拒否られる…
カラオケならいいとのことで仕方なくカラオケに。
まずいなー、と思ったのでカラオケ代は全部出してもらえるように持っていった。
勝機が見えないので久しぶりのカラオケ普通に楽しむ。
所々女の子の表情や口調に変化が見える。
おそらく女の子が自ら飲んでいるお酒のせいである。
時間終了30分前くらいになると、
女の子の方からちょっと話そうとのこと。
どうやらなかなか襲わないので、それを聞いてきた。
カラオケに入るまではガンガンボディータッチしてたので
そこから一気に引いたのが効いたのだろう。

そのまま個室へ移動。
今度はノーグダ。
入ってからもノーグダ即。
締まりがめっちゃよくて、胸も大きかったので興奮した。
今年は2連続で名器に当たって、満足するセックスができてるね😃
強いていうなら、カラオケは省略できたかもしれない、ってとこが反省点。 20-01-30-02-22-21-857_deco
20-01-30-02-22-38-872_deco